スマートフォンケースの普及について

スマートフォンが普及をしたのは、ここ2、3年のことです。それ以来、電気屋にスマートフォンケースという新たな売り場ができました。それまで、携帯のアクセサリーといえば、ストラップや画面保護用のフィルムがメインでした。しかし、最近のアクセサリーの主流は、スマートフォンケースといえます。このケースの目的は、第一にスマートフォンを落下時等の傷や破損から守ることです。
従来の携帯電話は、折り畳み式が主流だったので、落下時でも液晶そのものに傷がいくことは少なかったのですが、スマートフォンは落下すれば液晶が割れてしまう可能性があります。また、スマートフォンは1枚の板のようなデザインなので、ケースをかぶせ易いという、デザイン上の理由もスマートフォンケース普及の要因の一つでしょう。

また、スマートフォンケースの目的は、単に傷を防ぐだけでなく、利用者が着せ替え感覚でケースを選ぶことで、自分だけのスマートフォンを作ることが魅力であるともいえます。

iphone等の人気スマートフォンの場合は、発売前から、こぞって各ケースメーカーが新製品を投入することから、メーカーにとってもおいしい市場ができあがっているとみることができます。